喉が閉まるってどういうこと?

ボイストレーニングをしていて1,2を争うほど良く見かける「喉が閉まった歌い方」をしてしまっている生徒さん。

歌に興味をお持ちの方はきっと聞いたことがあると思います。

 

seitai.png

 

喉が閉まった状態が全て悪い。というわけではないのですが、高い音が出づらかったり、声が固くなったり、息が続かなくなったりと、なかなかのクセモノです。

今回はそんな喉(声帯)の開き方、開け方をご紹介したいと思います!

 

声帯の仕組みや、実際声帯がどんな状態になっているか、というところまでは今回は割愛させて頂きます。(とっても長くなります!笑)

 

さて、喉を開くといっても、まずは開いている状態、閉じている状態を知っておく必要がありますよね!

まずは開いている状態。こちらは上体をリラックスしてあくびをしてみましょう。

この時、男性だと喉仏が低い位置にあったり、首や喉の力が抜けていると思います。

あくびと一緒に出る声も柔らかな声になっていると思います。

 

続いて閉まっている状態。こちらは咳払いをしたり、痰を切る時などははっきり閉まります

先程の開いている状態に比べ、喉仏の位置があがったり首や喉の周りに力が入ってしまうと思います。

咳払いの時に出る声は少し固い声になりますよね。

 

まずは声を出す前にこの喉の状態をしっかり覚えておくことが大切です。

それから少しずつ、あくびの時の声から実際歌う時の声に近づけていきましょう。

 

今回ご紹介した内容に近い動画を載せておきますので、こちらも併せてご覧ください!

 

 

 

 

今回はここまで!

ぜひ練習にご活用ください!

◆無料体験レッスン、ご入会に関するお申込み・お問い合わせは・・・

お電話でのお申し込み・お問い合わせはコチラ↓↓↓

電話番号.jpeg

webでのお申し込みはコチラ↓↓↓

無料体験レッスン.png

 

Related Post