プロ直伝!! 【作曲講座 ドラム編②】

渋谷/北千住のJOYミュージックスクールです!

 

こんにちは、楽曲制作コース/動画配信コース講師の想士です。

窪田想士バストアップ のコピー.jpgのサムネイル画像

 

作編曲ドラム講座、今回は第二回です。

前回は基礎的な話とYOASOBIの楽曲を用いて実践的なお話をしました。

(※前回の記事はこちら。)

今回も実際の楽曲のドラムパターンを用いて解説していきます。

 

②空気感に寄り添ったドラム

スピッツの代表曲『渚』の1番を例に挙げていきましょう。

 

 

 

この曲の1番における特徴は「だんだんと音が近づいてくること」だと思います。

具体的にAメロの譜例を表示します。

スクリーンショット 2020-08-25 3.32.41.png

 

先ほど、ドラムを構成する3つの要素の一つにスネアドラムを挙げましたが、Aメロでは敢えてスネアを抜いて空間を作っています。

続いてBメロ〜からサビです。

スクリーンショット 2020-08-25 3.33.20.png

 

4拍目にスネアドラムが初めて加わりました。

Aメロから続けて聴くと、このスネアドラムの1発が加わるだけでグルーヴに大きく影響が出ているのがわかっていただけるかと思います!

このスネアドラムの使い方で楽曲に「迫ってくる」感じを演出しているのでしょうね。

ちなみに2番ではビートで使う太鼓がさらに増えていきます。

ぜひ聴いてみてください!

 

 

③歌詞に寄り添ったドラム

最後はかなり珍しいパターンを紹介します。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの『太陽をつかんでしまった』という曲です。

着目すべきは2番のBメロの部分。(下記リンクは当該箇所からの再生になっています)

 

 

 
歌詞はこの様になっています。
 
 
エルパソに咲く花も ヤシの実を見てないと
泣いたりするんだろうね 僕はそう思う
 
 

なんとも幻想的で退廃的な歌詞ですね!!

この歌詞で最も強調されている部分(ボーカルがシャウトする部分)は最後のところ。

「僕はそう思う」です。

なんとこの部分はドラムがビートを刻まずに、言葉のリズムと同じリズムを叩いているんです!

これにより、歌詞の内容がより強調されて聞こえる様になります。

あまり一般的とは言えない技術ですが、非常に効果的なので参考にしていただきたいですね!

 

 

 

普段、何気なく聴いている楽曲のドラムパターンにも多くの工夫がなされていることを感じていただけたら嬉しいです。

音楽を乗り物に喩えると、ドラムはエンジン、ベースは車輪、コードは車体でメロディーは乗客となります。

音楽のエンジン部分を改めて考えてみるのも良いと思いますよ!!!

 

僕は、JOYミュージックスクールでは、北千住エリアと渋谷エリアで楽曲制作コース/動画配信コースの講師を担当しております。

音楽の奥深さを一緒に探求して、心が震えるような、自分自身や誰かの心のパワーとなるような音楽を一緒に作っていきましょう!

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

 

まずはお気軽に、無料体験レッスンからお試しください♪

 

◆無料体験レッスン、ご入会に関するお申込み・お問い合わせはお気軽にコチラまで!!

お電話でのお申し込み・お問い合わせはコチラ↓↓↓

電話番号.jpeg

webでのお申し込みはコチラ↓↓↓

無料体験レッスン.png

#ジョイミュージック

#JOYミュージックスクール

#joymusicschool

#JOY&LIFECreation

#作曲レッスン渋谷

#DTMレッスン渋谷

#編曲レッスン渋谷

Related Post