米津玄師のここがすごい!!【作曲講師が解説】

北千住 ボーカルレッスン ・ ボイストレーニング ・ ギターウクレレ ・ 楽曲制作 ・アニソン ボカロレッスンの JOYミュージックスクールです!

 

こんにちは、JOYミュージックスクール楽曲制作コース講師の想士です。

先日、レッスンの際に生徒さんからこんな質問を受けました。

 

「米津玄師って何がすごいんですか?」

 

聞くところによりますと、その生徒さんの周りでは「米津玄師の作曲技法がすごい」という話をよく耳にするので、具体的にどういったところが凄いのかを知りたいとのこと。

正直僕もあまり深く拝聴したことはなかったのですが、その生徒さんと一緒に何曲か聴き、音楽理論の見地から分析していくとその「凄さ」が少しわかるようになってきました。

特に思ったのが、

 

米津玄師は「キー」の使い方がすごい

 

ということです。

大半の音楽は特定の「キー(調性)」に基づいて作られています。カラオケで上げたり下げたりするやつですね。

どこの音をスタート地点として作られた音階で曲が作られているのかを表す指標のことです。

明るく聞こえるキーをメジャーキー、暗く聞こえるキーをマイナーキーと言います。

例えばCの音をスタート地点として作られた明るいキーはCメジャーキー、Aの音をスタート地点とする暗いキーはAマイナーと呼称します。

 

J-popの場合、楽曲はイントロから最後まで1種類のキーを徹頭徹尾使用することが多いです。

例えばDメジャーで始まった曲はDメジャーのまま進み、そのまま終わることが多いです。

 

さて、米津玄師の代表曲「パプリカ」を観てみましょう。

 

 

パプリカのAメロのコード進行です(違ったらすみません)

各セクションの最後に鳴らされるコードに注目してください。

 

===========

  A      E/G#      F#m         E 

曲がり くねり はしゃいだ道 

D         E        A

青葉の森で 駆け回る

===========

 

 

Aメロは完全にAメジャーキーですね。

続いてBメロ。

 

 

===========

F#m   C#m    D       A

夏が来る 影が立つ

D     E     C#7      F#m

あなたに会いたい

===========

 

BメロではキーがF#マイナーキーに変わります。

早速変えてきましたね。

F#マイナーキーはAメロで使われていたAメジャーキーとは親和性が最も高いキーです。

親和性が高いということは、つまり「気の合うお友達」みたいに思ってもらうと良いかもしれませんが、

つまり、キーが変わっても、違和感なくスムーズに移行しています。

 

そして、サビです。

 

 

===========

       B     C#      D#m

パプリカ花が咲いたら

B        F#     A#7      D#m

晴れた空に種を蒔こう

===========

 

ここまではD#マイナーキーの空気を持ち

 

===========

       B     C#      F#      C#/E#

ハレルヤ夢を描いたなら

D#m G#7    B     C#     F#

心    遊ばせ あなたにとどけ

===========

 

最後はF#メジャーキーで解決しています。

まとめると、

 

Aメロ    →Aメジャーキー

Bメロ    →F#マイナーキー

サビ前半  →D#マイナーキー

サビ後半  →F#メジャーキー

 

このように、1コーラスの中で4つものキーに変わります。

すごいですね。そしてそんなキーの変化に対応しているFoorinの皆さんもすごいです。

 

他にも『Lemon』ですと

 

 

 

A、Bメロそしてサビは基本的にBメジャーキーなのですが、大サビ前に一度だけ出てくるCメロが

 

===========

Fm   Db   Eb    Ab

自分が 思うより

Db    Ab       Eb      Ab

恋をしていたあなたに

===========

 

このようにAbメジャーキーになっております。

そして自然にしれっと、元のBメジャーキーに戻っています。

素晴らしい転換です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

このように米津玄師はキーを巧みに操ることで独特の世界観を演出していることがわかりました。

 

何よりもすごいのは「難しいことをやっているのに難解な印象を与えていない」という点です。

どの曲のキーの使い方も高度な技術ではありますが、聴き手にはとても自然に聴こえます。

これは凄く大切なことですね!

 

こんなふうに楽曲の分析をしていくと、ヒットしている曲の面白みが分かったり、自分が作曲をするときの鍵になったりもします。

そもそも「キー」がよくわからない!!!

という方もいらっしゃると思いますので、レッスンでは1から丁寧にレクチャーしています。

あなたの音楽の世界が今よりもさらに広く、深く、そして楽しくなっていくと思いますよ!

 

ぜひ、無料体験レッスンからお気軽にお試しください♪

 

 

◆無料体験レッスン、ご入会に関するお申込み・お問い合わせはお気軽にコチラまで!!

お電話でのお申し込み・お問い合わせはコチラ↓↓↓

電話番号.jpeg

webでのお申し込みはコチラ↓↓↓

無料体験レッスン.png

#米津玄師キーの使い方

#パプリカ作曲

#Lemon作曲

#JOYミュージックスクール

#JOYミュージック

#ジョイミュージック

#joymusicschool

#JOY&LIFECreation